沖縄行きたい、海に行きたい―――な管理人に一票!! なんちゃって。


by tatsuyan1978
カレンダー

<   2005年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

妄想大爆発!!

5/26に発売された『イリスのアトリエ2 エターナルマナ』にどっぷりはまっています!!
『マリーのアトリエ』から始まって、今作で7作目だって聞いたけれどもうそんなに経っているんだなぁ、としみじみ時間の流れを感じてしまいました。
某大作RPGだとか、いっぱいゲームは出ているけれど。1作目からずっとやり続けているゲームって私にしては珍しいかも。

素地は同じだけれど、どの巻にもオリジナルの面白さがあって、飽きさせない。
イリスのアトリエは、今までのと違ってRPG色が強かったけれどきちんとアトリエシリーズだ、と思わせてくれるシステムがあったし。今作も、主人公が二人になったことで、それを面倒くさいだとか、不出来だ、とかぜんぜん言わせない内容と作りになっている。

特にロード時間や主人公切り替えの時間が短いのにびっくりした。
これは「某大作映像RPG」のゲームにも見習ってもらいたいところ(あれはあれで面白いんだけどね・・・)。

そのうちきちんとしたレビューを書きたいとおもいます。



c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-31 22:20 | 日記

スキンケアを選ぶ楽しみ

c0011148_831566.jpg

美HAKU(美白用美容液)
資生堂
45ML ¥10500(税込み)


スポッツルール2本目、終了!!
というわけで、新たな美白用美容液を探していたところへ、発売された『美HAKU』。
スポッツルールの後継機の上、さらにパワーアップしてきたと聞けば、これを買わずに何を買う、です。

お値段はスポッツよりちょっと高めですが(スポッツルール50ML ¥6090)、液体状を2プッシュだったスポッツに比べ、こちらは同じ2プッシュでも少しゆるいテクスチャなので、大量に出てしまう、と言う事も無いし伸びが良いのでそれほど少なくなった、と言う感じはしません。白い色は変わりませんが。
あと、今でしたら同じ店で、2本続けて買うと25ML(約一月分)の美HAKUをもらえるそうなので、これもお得かと。DSだったら、大体20%~30%OFFで買えるところも多いですし。化粧水や美容ドリンクをおまけとして付けている所もあるので、これも結構良いです。計算してみたら、¥3000以上のお値段の商品がついていました。\(^^\)(/^^)/

ラッキー♪
と、喜ぶ私ですが・・・。
実は私、顔についての美白はまだあんまり効果を実感できてないんですよね・・・。

そこで一つ実験してみたいと思います。
5月のイベントに出た際に、袖から出ていた腕の半分ほどを日焼けしてしまったのです。
少しは薄くなっていますが、まだ目に見えるほどパンダ柄になっているので、この腕を使って美白用美容液の効果を試したいと思っています。

効果が出るのか、今から楽しみにしております。



c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-29 08:12 | コスメ
c0011148_2245222.gif
本日の一言 ”今日はちょっとノーコメントで”

Phase-32 Outline
デストロイの圧倒的な力の前に、壊滅状態に陥るザフト軍。何もかもを焼き尽くそうとする、圧倒的な力は、戦争というよりも虐殺としか言い様が無かった。一方的な殺戮を止めようと、介入を決意したアークエンジェルとフリーダム。だが、さすがのキラもその圧倒的な力の前に苦戦を強いられる。
時を同じくして、ミネルバも戦闘に介入し、共闘という体制をとることになったフリーダムとインパルスだったが。あのMSに乗っているのはステラだ、とネオに伝えられたシンは混乱し、逆にフリーダムへと攻撃を仕掛けてしまう・・・。狂乱するステラにはシンの言葉さえ届かなかった・・・。


えっとですね・・。
今日の感想はちょっと辛口なので、ステラ好き、シン好きという方にはちょっと気分を害されるかたがいらっしゃるかもしれません。
ですので、そういった方はこのままブラウザバックプリーズでお帰りくださいませ。読み終えた後での苦情はちょっと受け付けられませんので、よろしくお願いします。







では、感想行きます。
今回のタイトルは「ステラ」。前作から数えると、「キラ」、「アスラン」に続く三人目の名前タイトルでした。

主人公差し置いて、名前タイトルか。
相変わらず不遇な主人公やな、シン。でも、もう私シンに主人公を張ってくれ、というのは期待しないことにしたので。もう好きにやってくれ、という感じです。

まず、今回のキーパーソンであるステラですが。
アスランが心配していたとおりになりましたね。死なせたくないから、と帰したものの、約束は果たされる事無く記憶は消され。しかも新しい機体まで与えられ、戦場へと戻らされた。自分の意思で戦場へ戻ったわけではないけれど、自分の意思で離れる事も出来なかったばかりに起こってしまった悲劇。

正直悲しい、と思いました。
シンはステラをやさしい世界に戻したい、と願ったからこそネオへと帰したのに、と。

けれど同時にこうも思いました。
今回の事で、確かに手を下したのはキラであったけれど。
ステラを殺してしまったのは、シンではなかったのか、と。

シンがどんな想いでステラを帰したのかは、解ります。それしか方法が無い、と思いつめてしまうほど、彼女が弱り、自分になすすべが無い事を悔やんでの行動であったことも理解できます。けれど、その結果として彼女は戦場へと戻され、泣き叫ぶほど怖い思いをしながら、死んでいったわけですよね。

今回のシンの行動も私ははっきり言って腹立たしさでいっぱいになりながら見ていました。
乗っているのがステラだ、と知らないうちは、散々攻撃をしかけ。「化け物」、などとも口にしていたのに。
パイロットが誰なのか、と解ったらころっと手のひらを返し、キラへと攻撃を仕掛けた。「何も知らないくせに」という台詞は、シンにこそいえる台詞なのではないのか、とも感じました。

ステラは可哀想。
ステラは被害者。

でも、彼女に殺された無関係な民間人は、可哀想ではないのですか?
彼女が殺した無関係な民間人は被害者ではないのですか?

知らないうちは攻撃を簡単に繰り出していたのに、知った後は手のひらを返したようにキラへと攻撃をしかけ。結局キラへ自分の責任も、自分の憤りも全部押し付けて、そうして自分だけは被害者なんだ、と言っているシンを。私はもう認めることは出来ません。

シンは全部が全部、自分の思うとおり、望むとおりにならないとかんしゃくを起こす子供のようです。
知りながら、自分に近しいものが乗っていると知りながら戦い続けたキラやアスラン達とは覚悟が全く違うのでしょう。

今回タリアさんの「敵を見誤るな」、と言う台詞がありましたが。
シンにとっての敵は、自分の望まない事をするもの全てなんでしょうね。そして、そのためには、何をやっても良いと考えている。

シンの事ばかり非難していますが、キラも罪や責任が無いとは決して言えない。
彼の罪は、新しい憎しみを作ってしまった事。守るため、とはいえ誰かを撃ち、そして憎しみの連鎖をつなげてしまった事です。

まぁ、今回はシンに全部押し付けられてしまった感もありましたし。
それにキラがやらなくとも、後ろではミネルバが待ち構えていましたからね。
ただ偶然が重なってしまったといえば、それまでですが。

今後シンはキラを憎むのでしょう。
憎んで撃とうとするのでしょう。彼がそうなってしまったのにも、理由があり。
導けるものがいなかった、といえばそれまでですが。

そういえば、

「あの正義の大天使は、困っている人の声を見過ごす事ができないんでしょうね」

というタリアさんの台詞に。
私は、議長はひょっとしたらミネルバを英雄、もしくは正義の艦とでもしたいのでは、と感じました。
戦闘で武勲を立てれば、軍や自国のものにとっては英雄になれるでしょうけれど、それはあくまで自国内だけのものであって、敵国内では彼らはただの人殺しでしかない。

結局、勝ったほうが正義なんだ、と言われればそれまでですが。それは地球軍が勝った場合の話であって、プラントは、というよりデュランダルはナチュラルを滅ぼしたいのではなく、甘い鎖につないでおきたいのだと思います。
力で抑えれば、それは反発を生むだけであるけれど、もしそれが彼らの反発を生まない、甘い鎖をつけたとすれば。彼らは自分達が支配されている、とも気づかずにいることでしょう。

だからミネルバは正義の艦。
英雄の艦でなければならない。
こんなに残酷な事を繰り返す地球軍を倒し、あなた達を解放してあげますよ、と。ほら、私達はこんなに親切で、あなた達の良い隣人となれるでしょう、と言う事をアピールしたいのかもしれない。

いつの間にか味方と敵を摩り替えてしまうことがデュランダルの目的であり。その後、ナチュラルに甘い鎖をつけ続けようとしているのでは、と感じました。

だから、英雄の名前を持つアスランを取り込み、ラクスの偽者を作ったのかなぁ・・・と。
勝手な想像をしているのですが。

英雄に、正義のヒーローになりたかった子供を軍に置き続けているのは、余計な事を考えて自分に反発する心配がないからかもしれません。

これまでの感想はこちらから
↓↓↓
http://www.enpitu.ne.jp/usr2/27383/


c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-28 22:05 | アニメ
ルーピー茶園
鳳梨烏龍
飲んで良かった度:★★★☆☆

試供品で貰ったものです。
烏龍茶の中に、パイナップルと香料が入っています。
薄い色合いの、パイナップルを彷彿させるお茶です。香りは最初はパイナップル。後から烏龍茶の香りが強くなってきます。

嫌いではないけれど、香料が邪魔かも。パイナップルの香りが飲むたびに鼻につく感じがします。すっきり感を求める人には向かないかな。
味はほんのりパイナップルの甘みが烏龍茶に溶け込んだような感じです。口に含むと、パイナップルの甘みがして、だんだん烏龍茶になっていく・・・とでも言えば良いのかな?
正直言って、期待していたほど美味しく感じられませんでした。

烏龍茶はやっぱりストレートが良い・・・。
あ、でも本場の国の人たちは、お茶を甘くしてから飲むんだよ、とシンガポール帰りの友人から聞きました。だから向こうのお茶を日本人が飲むと、何で甘いんだ!! とびっくりするそうです。
・・・・・・でも私はやっぱりストレートが良い。

c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-26 22:34 | 日記
c0011148_2031919.jpg

宗像教授伝奇考 -星野之宣著-

一気に買ってしまいました・・・。
この思い込んだら一直線な性格、何とかしたいなぁ、と考えているのですが。
この本ほしい、と思ったら駄目なんです私。我慢できない・・・。

思えば、小さい頃から歴史漫画、というものには触れていたような気がします。
初めて読んだのは、母親が揃えてくれた『学研』の偉人シリーズ。一体何から読んだのかは忘れてしまいましたが、ノーベルやナポレオン。ベーブルース、聖徳太子など等・・・。学校から帰ったら、部屋に並んでいたのを見てびっくりした記憶があります。

元々本を読むことは嫌いではありませんでしたが、小さい子供にも解りやすい、とっかかり易いもの、といえばやっぱり漫画なんですよね。何度も読めるし、絵がついているから解りやすい。字を読んで想像力を育てる、というのも大切なんでしょうが、生来面倒くさがりな私は、想像するよりそのままにしてしまいそうだったので、漫画で覚えさせようとした母の考えは英断だったというか、なんと言うか・・・。

まぁ、そんなわけで。今でも一応中身は忘れずに覚えています。
その中に有った「紫式部」の本を読み、そこで光源氏や源氏物語の存在を知ったのですが。当時「光GENJI」というアイドルグループが騒がれ始めた頃で、私の通っていた小学校内でも結構その話が持ち上げられていました。そんな時、なぜか担任に「光GENJI」って知っている、と聞かれ、(担任は男だったのに、何故? 今でも謎だ・・・)私は「源氏物語ですか?」と答えたりしたこともありました。
小学生で源氏物語知ってれば、結構凄かったんじゃないかなぁ、と自画自賛してみたり(>_<")

まぁ、そんなに歴史が好きだった、というわけではありませんが。
その後、年齢を重ねるにつれて所謂『歴史物』と呼ばれる本や漫画を読み。
『王家の紋章』、『空は赤い川のほとり』、『あさきゆめみし』、『ベルサイユのばら』、『エカテリーナ』、『天上の愛、地上の恋』・・・・・・、数え上げればきりがないくらい読んできたと思います。

星野之宣という作家を知ったのは、本屋で何気なく見つけた「妖女伝説」という本を手に取ってkらでした。その頃、怖がりのくせにホラーにはまっておりまして、「妖女伝説」、というのもタイトルからホラーかな、と思って読んでみたんです。
そうしたら・・・、まぁホラーどころか。ある意味ホラーより怖かったんです・・・・・・(゜_゜i)・・・。

それが下で色々と読むようになったのですが。解ったことは、この星野之宣という作者は、歴史を題材にしたものを多く執筆している。それは史実に基づいた歴史物ではあるけれど、決してそのままではなく。自分の考えや想像を反映させて、新しく歴史を作っているんじゃないかなぁ、とそんな風に感じました。

この宗像教授伝記考は、その作風が最も顕著に現れた作品だと思います。
それは時には、歴史物だったり民俗学だったり。女性史だったり、ミステリーやホラーだったりと。一冊で何度もおいしい作品ですね。

私のお勧めは「瓜子姫殺人事件」(文庫3巻収録)「魔将軍(4巻収録」「蛇神融合(7巻収録)」。
現在ビックコミックで、シリーズの続編となる「宗像教授異説考」も連載されています。
神話や、日本史が好きな方、そうでない方も一度読んでみてくださいませ。本当に面白いです。


c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-23 20:32 | コミック・小説

今年初めての花芽

カランコエの花芽が出ました。
c0011148_20202568.jpg

今年初めての花芽です。
色々なサイトさまで調べたのですが、カランコエの花を咲かせるために欠かせないものは日照時間だそうです。日照時間が短ければ、その分花芽が出る確率が高くなると書いてありました。
つまり、朝は朝。昼は昼。夕方、そして夜、と自然に近い形で育ててやるのが一番良いということですね(* ̄- ̄)。

・・・・だったよな、多分。

確かそうだったと・・・。
まぁ、室内で育てるよりも外で育てる方が良く育つ花らしいので、間違ってはいないと思うのですが。

購入した当初は、小さかった苗も今ではすっかり巨大化
枯らし名人な私の下でも、元気に育ってくれている強い子良い子なのですが。
これ以上大きくなったら、やっぱり外へ出さないといけないよなぁ・・・。

とりあえず今回の花芽は、室内でもきちんと花が咲いてくれる、ということが解ったので嬉しい限りです。やっぱり米のとぎ汁をこつこつやったのが良かったのかな?
綺麗な花が咲きますように。


c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-22 10:14 | 我が家の花
c0011148_18404323.gif
本日の一言 ”漸く私の出番か・・・。長かった・・・。 Byカガリ”
Phase-31 Outline
ステラを帰したことにより、軍機違反に問われるシン。だがタリアやアスランの諌める声は彼には届かなかった。一方、再調整により回復したものの、ステラは新たな戦場へと狩り出されることとなった。何時までたってもミネルバを落とせないファントムペインにジブリールが痺れを切らした結果、彼女には連合の新MSデストロイが与えられた。
記憶を無くした彼女は、ただネオの言葉を信じザフトを、そして街を壊滅していく・・・。


う~ん、想像通りというか。何というか。
今日の話は、軍人とは何なのか、という事が浮き彫りにされていた話だったと思います。
まずシン。
レイとの約束通り、ミネルバへと戻ったものの捕虜の解放、クルーへの暴行、MSの勝手な使用と様々な軍機違反により拘束されてしまいました。

けれど彼は、自分は間違ってはいないとむしろ、タリアたちの方こそが間違っている。
エクステンデットであっても、彼女は人間であり見殺しにすることは出来ない、と言い返すシンに対し、タリアは軍人とは何か、という言葉を返しました。
彼女自身、ステラの事を哀れに思わなかったわけではないと思います。けれど、上に立つ人間であり、ミネルバに乗るクルーに対し責任があるからこそ、彼女は勝手な行動は出来なかった。
あの苛立ちはそのためなのだという風に見えました。

可哀想、哀れだとは思う。
けれど彼女を連合に帰したとして、その結果何があるか、何が起こるのかと彼女は解っていたのでしょう。

その代弁をしてくれたのが、アスラン。
今回漸く、へたれアスラン以外のアスランを見れました。
営巣に入れられたシンとレイに怒りをあらわすのではなく、きちんと自分の考えを述べていくさまは結構好感持てましたね。
キラやカガリにもあんなふうに話せばよかったのに・・・。
そうすれば、ここまで離れてしまうことも無かったんじゃないか、と思うのですが。

「自分の意思で戦場に入ったわけではない」、と募るシンに対し、「自分の意思で戦場を抜けられない者を再び戦場へ帰してしまった」、と言うアスラン。けれどシンはネオと約束したからステラは大丈夫だ、とそれさえも聞く耳持たない。

更に、誰もが(本人さえも)厳重な処分が下るだろうと思っていた所へ、処分無しの達しが届き、彼はますます増長してしまった。
上も認めてくれた。だから自分は間違っていない、と。

けれどその頃ステラは、デストロイに乗りザフトを、そして周辺の住民さえも巻き込む”虐殺”を行っていた。解らなくても、好きで戦場に出たわけでないとしても、彼女が奪った命は間違いなくあるわけであって。そして、今のその結果を生んだ理由にはシンも少なからず絡んでいる。

デストロイは結局作られてしまっていたわけであるから、この虐殺はステラが戻らなくとも行われた。けれど、もしシンがステラを連合に帰さなければ、彼女がこんな虐殺にかかわることは無かったわけで。
もしかしたら最悪の結果は免れたかもしれない。

次回、おそらくシンはデストロイのパイロットがステラだと理解するんでしょうけれど。その時彼はどうするのか。自分の考えが甘かった、と軽率だったと後悔するのか? 
それともステラだから殺せない、とでも考えてキラを攻撃するようになるのか?

今のシンだったら、後者じゃないかなぁ・・・。
本当にシンって軍人にぜんぜん向かない子だなぁ、ともう何回目になるか解らないほど実感しています・・・。

さて、私にしては珍しく最後になったキラの話ですが。
ちょっとここでキラを悩ませる意図がわからないのですが。28話でキラはきっちりとアスランへ絶縁状をたたきつけたわけであり、なおかつオーブの兵を受けいれた訳ですから、彼らと共に進むということはもう決めたわけですよね。
勿論、これが絶対に正しいんだ、と決めてしまうことの怖さは解りますし、アスランに対しても戻れるのであれば、以前のような関係に戻りたいと願っているとは思います。

私的には、キラがアスランと別れてしまったことに悩み、けれどあの頃のような関係の戻れれば、と願っているというような展開にして。むしろ、議長が悪人なのか、というような議論は今回は出さずに、マリューさんの「大事な人がいるから、その世界を守りたいと思う」というような台詞を入れた方が良かったのでは、と思うのですが。

アスランを悩ませたから、キラも悩ませる、という展開はそろそろ止めてほしいなぁ・・・、と思うのは私だけでしょうか。

さて、来週のタイトルは「ステラ」。
キラが、そしてシンがデストロイと戦うようですが・・・。
どうなんだろう、キラは恐らく虐殺をするデストロイを撃とうとするでしょう。けれどパイロットがステラだと知ったシンはどのような行動をするのか? ちょっと想像がつかない・・・、というより想像するのが怖いのでここら辺できりたいと思います。

これまでの感想はこちらから
↓↓↓
http://www.enpitu.ne.jp/usr2/27383/


c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-21 18:54 | アニメ

限定品に弱い私・・・

c0011148_15364728.jpg

ソニアリキエル
レユールリキエル (13 ブラージュ・14 コキアージュ)

合同お好み焼き会も終わり、いつの間にかなっていた幹事の仕事も終わりました。
気づけば、前回更新したときから一週間も経っていたんですね・・・。
ネタの仕込みもぜんぜんなので、昨日買ってきたソニアの話題でも。

ソニアリキエルは去年からお世話になっているブランドです。結構私の肌に合うらしく、香りもほどほど、お値段も結構手軽ということで重宝していたりします。
先日5/20発売のこのレユールリキエルは、DMで発売されるのを聞いたのですが、丁度綺麗なグラデーションを書きたいなぁ、と思っていたところだったので、すぐさま現物を見に伊勢丹へ。

他に、オレンジと茶系のソレイユ。
青と黄色のメール。
グリーン、パープル、ピンクのブーゲンビリアが有りました。

どれも綺麗な色ばかりでしたが、私は無難にブラージュを選択。あと何かパール感のあるものがほしかったので、コキアージュも購入。
ソニアは毎回限定品がとても魅力的ですよね。買う気が無くても、現物をみるとつい、これがほしい、と思わせる力のあるブランドだと思います。

会社の同僚にやっぱりソニアが大好きな子がいるのですが、このDMを見せた途端、目の色が変わりました。後は仕事そっちのけで、どれがほしいか、どれが良いかというのを散々言い合ったりして。(^。^;)

私は組み合わせを作るのがあまり上手くないのです。アイシャドウなど、綺麗なグラデーションを見ると、自分でもやってみたくなるのですが、どれとどれを組み合わせれば良いのかが中々解りません。結局いつもと同じようになってしまいます。
そんな時、こういったアイパレットはとても助かります。これ一つで綺麗な目が出来上がりますし、他のを使ったときもコキアージュでもう一手間かければ、普段とはまた違った目が出来ますしね。

c0011148_15483353.jpg

レーブルグラッセ
フローズンダイキリ

ついで、と言っては失礼ですが、同じ5/20発売のグロスも購入しました。
透明なのかな、と思ったら白い色のグロスです。BAさんいわく、口紅の色を抑えてくれるそうなので、この間買ったものの、色が濃すぎて使えていなかった赤の口紅とあわせようと考えています。

新しいものを買った日というのはとても気分がうきうきします。
土日が終わるのは早いけれど、新しいメイク用品を使えると思うと、気分も何となく良くなって気がします。



c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-21 15:52 | コスメ
ネタも無ければ暇も無い…。
とりあえず、今日は洗面所の掃除でもするか…(意味不明)。

今週末の飲み会の幹事になったため、暇が中々取れません…。
幹事ってやりだすと止まらない。こりだすと止まらない…。
めんどくせ~~!!



c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-18 13:47 | 日記
c0011148_19245160.gif
本日の一言 ”あたし、何時の間にアスランさんのこと呼び捨てにしてたんだろ? byルナマリア”


Phase30 Outline
アークエンジェルにはオーブの理念に賛同する者達が集っていた。共に戦いたいと申し出る彼らをキラ達は迎え入れる。まだ明確な答えを見出せないものの、新たな道への足がかりが出来たと、彼らの表情は明るかった。
一方ミネルバは先の戦闘により甚大な被害をこうむり、ジブラルタルを目前にしながら足止めされていた。勝ち負けのつかない戦闘に、艦員たちの不満は募る。そんな中、ステラの容態が変化し、危険な状態に陥る。シンは傍にいながら何も出来ないことに憤り、アスランへとその思いをぶつけてしまう。そして、タリアと軍医の会話を聞いたシンは、彼女が実験動物のように扱われることに耐え切れず、ステラを地球軍へと帰す決意をした・・・。

・・・・・・・・・・えっとですね。
今回の感想は、色々なところに怒りを感じてしまって、何から行けばよいのか解らないので・・・。
とりあえず順番どおりに行きます。

戦闘後、どうにかしてアークエンジェルへとたどり着いたアマギさん達。
カガリとの再会を果たし、オーブの理念を護るために一緒に戦いたいと申し出ます。
バカボンをどうしたかは解りませんが、ボートに乗せて海へ漂わせていたら良いなぁ、とちょっと思ってしまいました。(^。^;)

実はこのシーン、今回の話の中で唯一憤りを感じずに見れたところでした。
カガリが自分の無力を嘆くところ。アマギさん達が、ただ戦うだけでなく終わらせるために一緒に戦いたいと申し出たところなど。
ああ、ウズミさんの理念はきちんと生きているんだなぁ、と感じれました。ただ憎み合うだけでなく、新しい道を見つけ出そうとする人たちがいれば、それがどんなに小さな力でも、決して最悪な結末には行かないだろうと信じれました。

キラの言葉にも、自分達が戦うことの空しさや、けれどそれしか出来ない自分達への憤りが感じられ。けれど同じ心を持った人たちがいれば、きっと道は開けると信じさせてくれる強さも感じられました。漸く孤独な戦いを続けてきた彼らへ光が見えたわけですね。

対してミネルバ、および地球軍は相変わらず未知を見つけられないままうだうだとしていました。
特にシンは、ステラの事もあるけれど、少々増徴しすぎですね。
今回の台詞の中に、地球軍だけが悪いんだ、という台詞がありました。これは彼が目先の事にしかまだ思考が行っていない事だと思います。

ちょっと怖い考えが頭に浮かんだのですが、今のシンはナチュラル根絶を目指したパトリック・ザラに今一番近い存在でしょうね。
目の前の敵さえ滅ぼしてしまえば、自分達は安全だと。自分達の世界を壊した者に対する憎しみで凝り固まった存在。

あいつらが悪いんだ。
あいつらが撃ってきたんだ。
あいつらが彼女をこんな風にした。

ただそれだけでシンは戦っている。
1話目のときに、シンは「また戦争がしたいのか」、と叫びましたが。今一番戦いたがっているのはシンでしょうね。敵が出来て、それと戦う意思が生まれて。同時に憎しみが生まれた。
撃たなければ撃たれる。殺さなければ殺される。そんな単純な思考に陥ってしまったのでしょう。

力があれば、強ければ何でも出来る。守りたいものも守れる、戦いも終わる、と単純に考えているシン。
反対に、戦っても、撃っても、何も変わらない。何も守れない。誰かを打てば、一時的には守れるかもしれない。けれど、永遠に憎しみは続き結局また戦いが始まると気づいたキラ。両者の違いはそこなんでしょうね。
本当は、種でその事を学んだはずのアスランがシンへ教えなければならないはずなんですが。彼もまだ悩み中で、どよ~んとしてますから。まだまだシンは増徴してしまう可能性があるわけです。

アスランもいい加減うじうじしすぎです。
セイバーを受け取って復隊した、ということは戦う事を決意したわけであって、悩むためにあんた軍に戻ったわけではないでしょうが、と叫びたかったです。
結局アスランが軍に戻って何をしたかったのか、ということが本編ではっきりと書かれていないことが、このもやもやの原因なのですがね。
今後きちんと書かれるんでしょうか、これ・・・。

さて、今回一番憤ったシーン。
それはステラの事。
タリアさんと軍医の台詞にももちろん腹は立ちました。結局、彼女は何処へ行っても実験動物としてしか見てもらえない。特異な力を持ってしまったものは、少なからずそういった可能性があるわけです。

その事が許せなくて、死なせたくなくてシンがステラを地球軍へ帰そうとした、というのは解ります。ただ、あまりにも早計でしたね。

ネオと確かに約束はしたものの、彼は軍人であり上の命令には逆らえない存在。しかも、ステラを隠すには、その事を知ってしまった者が余りにも多すぎていたわけですから。彼女が一時的に助かったとしても、再び戦場に戻される事は想像出来たことでしょう。
ただ、シンにしてみても、全てを信じきることは出来なかったけれど。信じることしか出来なかった、ということでしょうね。助けられるのであれば、と切羽詰ってしまいああいった行為しか出来なかったのでしょう。

レイも自分の生い立ちに、ステラを反映させていたのでしょう。
どんな命でも、生きられるのであれば、生きた方が良い。

思うに、レイはとてもやさしい存在なんだと思います。他者の命を奪わなければならない軍人である彼が言う台詞ではありません。きっと、普通に生まれていれば、軍に入らなければ穏やかに暮らせていたのでしょう。
好きで軍人をしているわけでもないと思います。

キラもレイも、そしてステラも複雑な生い立ちがあって。
けれど必死で生きられるだけ生きようと足掻いている。
何となく今回の話は悲しくて、とても憤りを感じずにはいられない話でした。

来週はとうとうデストロイが出るみたいですが。
パイロットはステラという話が出ているのですが・・・・。
まじ・・・・?(T-T )(ToT)( T-T) オロオロ
どうか最悪の結果にならないように・・・・。

キラもシンも、もう十分大切な人を失ってきたわけですし。
これ以上悲しい目にあわないように。祈りたいです。

これまでの感想はこちらから
↓↓↓
http://www.enpitu.ne.jp/usr2/27383/


c0011148_22222375.gif良かったら一日一回クリックお願いいたします。
サルでも解る人権保護法案Q&A
人権保護(言論弾圧)法案反対!!

[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-05-14 19:22 | アニメ