沖縄行きたい、海に行きたい―――な管理人に一票!! なんちゃって。


by tatsuyan1978
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今年の抱負

↑↑↑

hime-netさんの所からTBさせていただきました。
ちょっとテーマは違うのですが、hime-netさんが今度、旅行の為にお金を貯める、ということを聞いて、苦い経験がよぎったので。

実は私、2年くらい前にyahooリサーチに登録するために、e-bankに口座を開いたんですよ。でも、貯金する気なんてこれっぽっちも無くて、ずっとほうっておいたままだったんです。
最近にはって、ネットバンクは金利が通常の銀行に預けるよりも高い、ということを知り。
毎月一定額を給料から貯金しているのですが、じゃあ今度はその貯金をネットバンクに預けてみるか。という風に考えました。


私の貯金形態(05/01、現在)
毎月の貯金額:○○万円(一定)→e-bankへ
毎月の積立費:一万円(一定)→某大手銀行へ

学生の頃から、毎月一万円ずつ積立してきていたので、それは解約せずにそのまま継続。
でもそれだけではお金はたまらないので、その他に毎月一定額を積立の中に手動で振り込んでいたのを、ネットバンクへというように決めました。

ただ・・・・・・ここで思わぬ落とし穴が・・・・・・。
e-bankって、定期の預け入れ金額が一口10万、もしくは100万からなんですよ。
つまり、その金額にならないと定期にいれられないんですね。
私は手元にお金があると使ってしまうタイプなので、すぐに定期とかにして使えないようにしないとだめなんです。

ネットバンクでも同じ。
この間、ついついケラスターゼを楽天で購入してしまったのですが。その代金を、ついe-bankの貯金用にと振り込んでいたお金から出してしまいました。
・・・・・・自分の意思の弱さが恨めしいです・・・・・・。

今月で何とか10万円行きそうなんで、漸く定期に入れられる・・・・・・かなとは思うのですが。
さて、どうなるか。ただでさえ、最近周囲がバタバタしているし。e-bank、定期の金額、もう少し安くしてくれないかなぁ。


c0011148_16374770.gif


人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-30 16:29 | 日記

ガンダムSEED DESTINY EDITED

本日の一言 ”本当に総集編でした・・・”





え~。
あんまり辛口にならないように、気をつけているのですが。
今日の種デスは、ちょっと辛口になってしまうかもしれません。

というのは、私、某サイトで今日の総集編は、世界情勢を織り交ぜて、これまでのおさらいを見せる話。と言う風に聞いていたからです。
で、種の時代にキラとアスランがカナーバ議長から、どのような処分を受けていた、というのも明かされるみたいなことを聞いていたので、ちょっと期待もしていたんですが・・・。

最初から終わりまで本当に総集編。
種の時は、確かに総集編も多かったけれど。最初の14話ではジョージ・グレンの事とか、ブルーコスモスの事とかきちんと説明してくれていたんですけれどねぇ。
大体、今総集編をしてしまう理由って何なんですか? 世界情勢語れるほど、話まだ進んでないでしょう。
そりゃあ、地球軍、ザフト、中立国の勢力図とかは有ったですけれど・・・。これからその分布図が大きく動く、見たいな事を言いたかったのかな・・・。

種のサイ役だった、白鳥さんをナレーターとして選んだのもちょっと良くわかりませんでした。
サイが出てくるのかなぁと思ったら、違ったし。それだったら、別にアスランやシン、キラは・・・、やばいかな(個人的にはやってもらいたいけれど)。マリューさんやバルトフェルトさんでも良かったのでは? マルキオさんとか。

まぁいいや・・・。
今回は復習ということで、大目に見よう。
勢力図が変わる前の、おさらいということで。
でも、総集編はこれだけにしてもらいたい、というのが本音。

あと総集編は話数に入るのかな?
全52話、でもわざわざ「EDITED」なんてつけたんだから、入らないのかな。

う~ん。
まぁ来週は漸く、ファントム・ペインとか出てきて話が進むみたいだし。
また来週から楽しみに待つとしよう。

でも総集編も嫌いではないんですよ、私。
ただ今、この状況でやるというのが、あんまり好ましく思ってないだけ。
総集編には総集編なりの良いところとかあるしね。同じ映像でも音楽の使い方で、全く違った絵に見えることあるし。

「Field of hope」をBGMにしたのは大正解。
キララクのシーンとか、カガリ号泣のシーンとかは結構ジーンときてしまいました。

・・・・と、こんなものかな今回は。
来週はPHASE-16「インド洋の死闘」。
そういえば、次回予告で初めて敵MSの名前呼ばれたけれど・・・。
種デスって、種の時よりMSの広告に力を入れているような気がする・・・・・・。


これまでの感想はこちらから
↓↓↓
http://www.enpitu.ne.jp/usr2/27383/



人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-29 22:31 | アニメ
どうやら、全12話らしい、ということが判明したゼノサーガ。
ちょっと凹み気味です。




U-TIC機関の艦に襲われたエルザ。
でも場面は、惑星接触小委員会・・・だっけ、のシーンから始まります。
ジギーが委員会の人たちから任務の内容を聞かされるシーンですね。

ユリさんの声、テレビだと進藤尚美さんなんですね。
素の声だと、元気な人というイメージがある進藤さんですが、ユリのような陰のある女性の声も結構合ってました。

任務の内容は、勿論U-TIC機関に捕らわれたモモの救出と第2ミルチアへの搬送。
モモの中には、ヨアキム・ミズラヒの残したデータが内蔵されてあって、その封印をとかないと旧ミルチアへの道が開かない、という事実がここで判明。
エピ2で判明した事実ですが、ミルチアはミルチア紛争の折、ヨアキム・ミズラヒの手によって封印され、行き方が解らなくなってしまっているそうです。そしてU-TIC機関、接触小委員会、ヴェクター、それにクーカイファンデーションは旧ミルチアにあったゾハルを求めている。という事実がここで判明もしたのですが・・・。

ちょっとゾハルを求める意味が良くわからないんですけれど。
確か、4000年前に発見された謎の物質でしたよね。んで、無限のエネルギーを放出し続ける。というような設定を聞いた覚えがあるのですが・・・?
ゼノギアスだと、確か中に波動存在が閉じ込められていた、というような設定で。接触者であるフェイとの合一によって、波動存在を元の高次元に返す。というような内容だったような・・・。

だとるすと、今回も波動存在ってでるのかな?
でも、ヴェクターの方はゾハル自体を求めているのではなく、それに付随してくるもの。”アベルの箱舟”と呼ばれるものを求めているように見えるのですが?

まぁいいや・・・。
波動存在を求めている、云々はおいておいて。
確かに無限のエネルギーを生み出す存在、というのは誰であっても欲しいでしょうからね。

で、本編に戻って。
今度は捕らわれの身になったモモのところへ、ジギーが訪れるシーン。
百式観測レアリエンプロトタイプか、と聞く
ジギーへ

「その名前、嫌いです・・・」

と返すモモ。
確かに、モモにはヨアキムがつけた名前があるから、そっちで呼んでもらいたいんでしょう。
ただ、ここがモモとキルシュヴァッサー。そして百式量産機の違いだと思うのですが。

モモはパパ(ヨアキム)に名前をつけてもらった特別な存在。
けれどキルシュヴァッサーは、モモを生み出すために作られた、所謂実験体のような者。だから名前ももらえなかった。
で、ゲームでもそうだったのですが、百式量産機のほうはただの百式、と呼ばれていて、個人の名前を持っているわけではない。

だから、キルシュヴァッサーの「パパは貴方だけをみていた」という言葉がここで出るのだと思うのですが。

でも、モモは結構感情豊かなのに対して、キルシュヴァッサーも百式もどこか無表情(ゲームの中でですが。アニメだと、結構感情を表しているんですけどね)。
ヨアキムがあくまでモモをサクラの身代わりとして見ていたのか、どうかは良くわかりませんが。特別な感情を持っていたことには変わりないでしょう。



で、ここからが先週の続き。
U-TIC機関の艦に襲われたエルザ。バージルが何とか少ない兵装で立ち向かうものの、装備の違いからじょじょに追い込まれていきます。

けれどマシューズもトニーもハマーもこんなことは慣れきっている、と落ち着いた様子。
エルザ(100M級の艦)を自在に操って、見事U-TIC機関から逃れてしまいました。

ここら辺、結構面白いシーンでしたね。
トニーの操舵テクニックとかも見ものでしたけれど、その後のトニーとハマーが喧嘩をするシーンとか。

その頃、ハイパースペース内でエルザをロストしたU-TIC期間の艦は、まだ諦めずエルザを追いかけようとしていました。
が、突然現れた超巨大戦艦に今度は自分達が襲われる嵌めになってしまいます。

補足になってしまいますが、ペレグリーさん、アニメの声はあんまり好きじゃないなぁ。
ゲームの声のほうが、年齢の重みがあって、格好良い参謀って感じがするんですけれど。


突然現れた巨大戦艦は、クーカイファウンデーションと言う所が所持している、デュランダルという艦でした(何処かの議長と同じ名前。しかも色が赤♪)。
明確な戦闘シーンとかはなかったのですが、恐らくデュランダルの圧勝で終わったのでしょう。


で、また戻ってエルザ。
エネルギー補給を行なっていたKOS-MOSが突如として目覚めます。

「マーカーを確認」

マーカー?
そういえばグノーシスになんかつけてたっけ。
とすると、巨大グノーシスが出てくるのかなぁ、何て思っていたら。
KOS-MOS、エルザのエネルギー供給を行なっているパイプにトラブルを発生させ、エルザを強制的にハイパースペースの中から出してしまいます。

U-TIC機関との戦闘から逃げ出し、ほっと息をつく暇もないまま、今度は3万体のグノーシスに囲まれてしまうエルザ。
逃げ出そうとするものの、グノーシスの方が速度は上。しかも相手は一艦隊を壊滅させた敵となれば、エルザがかなう相手でではありません。

もうだめだ~、と思った時。
今度はデュランダルがゲートアウト。
グノーシスとの戦闘を始めます。

でも、補給前であったのとU-TIC機関との戦闘のせいで弾薬を殆ど使ってしまい、とても3万体のグノーシスを相手に出来る状況ではなかったデュランダル。
JR(ちび様)は、このままでは、と単身エイグスで出ようとブリッジから飛び出し。

その頃エルザは新手のグノーシスに襲われている真っ最中。
そんな中、KOS-MOSが一人でエルザの外へと飛び出していきました。

「シオン、痛みは私を満たしてくれますか・・・?」

謎の言葉を残して出て行くKOS-MOS。
通常は赤いはずのKOS-MOSの目は、何故か青く染まっていた・・・。




というのが、今回までの話の流れですた、
ゲームでもこのシーン、1,2を争うほど好きだったんで、ここで切れてしまって残念だったんですが・・・。
まぁ来週まで待てばよいか。

来週は5話「異形」
シオンがグノーシスの謎の一旦を見る。という内容らしいのですが。
でも、グノーシスの成分が塩って・・・?
塩?
塩・・・・舐めるとしょっぱいの?


変なところで今回の感想、終了です。




人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-29 17:22 | アニメ
突然すみません。
ご免なさい。
最初に謝っときます。

ちょっと気持ちの良い内容ではないので、読まれたくない方はお帰りくださいませ。
一応反転しておきますね。



ふざけんなっ、という心境です。

先ほど、リクナビから返信メールが届いたのですが。
・・・・・・応募した会社の面接希望日が10:00から、と指定されていたので、何とか18:00からにしてもらえないか、と返事を返したところ。

未経験者は取りたくないのに、取るということは。
仕事に対してそれ相応の覚悟が必要だから、それがない者は来なくて良い!!

ぶっちゃけ、そういうことを書かれたメールが返信されてきました!!
ふざけんな!!
そういうこと書くんだったら、最初っから経験者のみ!!、と書いておけば良いでしょうが。
未経験者OKだって書いてあったから、応募したわけであって。経験者しか取らない、というんだったら応募なんてしません。
経験なくても、何とか新しい仕事を覚えたいと思って、必死の思いで面接やらなにやらに望んでるんだ!!

大体、転職しようと考えた時から覚悟なんて思いっきりしてるんだ!!
ただ辞めるときめた仕事でも、今までお世話になったところだから不義理をしたくないと思っているだけなのに!!

ああ~~、むかつく!!
腹立つ!!




ぜいぜい・・・・・・。
叫んだらすっきりした。
また明日から頑張ろう!


c0011148_16382888.gif





人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-27 23:20 | 日記

貴方が呟く、最後の言葉

というサイトさんを見つけました。
中々面白そうだったので、やってみたら、私の場合
走りすぎて、過呼吸で死亡(推定年齢不明)だそうです。
ちなみに、私の最後の言葉は

”壺は骨壺にも、花瓶にもなるよ”

だそうです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦と言いますが。
説明もほおお~、とうなってしまうものばかりで、ただ読んでみるのも面白いかと。

良かったら皆さんのも教えてくださいませ。





人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-23 15:57 | 日記
最近友達に、髪を染めた方が良いよ。
で、めがねをコンタクトにしてさ。
髪型変えたんだから(先週美容院行ってきました・・・)、絶対にそうした方が良いって。

・・・・・・。
髪ねぇ・・・。
今まであんまり考えてこなかったけれど。
だって、茶髪ってあんまり好きじゃないんです。見るのは好きだけれど、やるのは好きじゃない。

私、金髪とかも好きですよ。
でも、一番日本人、というかアジア人の顔にあっているのは黒髪だと思うんです。
もともと人種には

コーカソイド
モンゴロイド
ネグロイド

の3種類があって、それぞれその環境に適応できるように長い時間をかけて進化したわけですよね。
だとしたら、やっぱり日本人も日本人として一番良いように進化したわけだから、日本人に一番あっているのは黒髪なんじゃないかと思うんです。なので、折角薦めてくれる彼女には悪いが、今後も私は黒髪でい続けるでしょう。



さて、上の前置き(長っ!!)からお分かりいただけたと思うのですが、今回は髪の話です。
髪は頭を護るために重要なものでありますが、ワタクシ、今これがあるために微妙な問題に直面しております。

それはアレルギー。
頭皮が有る分、髪は肌より護られていると思えますが、その分皮脂や汚れも多くアレルギーもちの人には一番気をつけなければならない部分です。
実際、かゆいからってかけないですしね。

もう一つは髪質。
ワタクシ、今までストレートだと思い込んでいたのですが、先日美容院でドライヤーをかけていただいた時

「あれ、ストレートだと思ったけれど、毛先とか微妙に癖がありますね」

そうなんですよ・・・。
私の父は天然パーマで、母はストレートなんです。
ショートヘアの場合は問題ないのですが、ロングだと何故か毛先の部分がくるん、と巻いてしまうのです。今は必死でヘアーアイロンかけてますけれど。


c0011148_10555950.jpg


松下電工
イオニティ マイナスイオンヘアーアイロン
Liese アイロン・コテ用ウォーター








マイナスイオンを選んだのは、これによって髪が纏まりやすくなるというのを聞いたからです。実際にこれをかけた後は、巻きが収まります。ただ、やっぱり時間が経つとくるん、としてきてしまうので。これは元を何とかしないと、と考え購入したのがこちら


c0011148_10581125.jpg


ケラスターゼNU
ソワン オレオ リラックス(洗い流さないヘアトリートメント)










楽天で購入したのですが、5000円以上で送料無料になるので2本購入。
これをドライヤー前と、ドライヤー後に1、2プッシュして髪になじませます。そうすると、つるっ、つるのさらっさら。香りも、ちょっと独特な香りですが、全然気になりません。むしろ、寝る時とかその香りがふわっと香ってきて気持ちが良いです。

髪は身近なおしゃれの場ですので、染めるとか、髪止めを変えるとか色々おしゃれの仕方もあるでしょうけれど。まず毛根のおしゃれから初めてみてはいかがでしょうか。





人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-23 11:02 | コスメ
本日の一言 ”とうとう本編でも間抜けと言われてしまったアスラン・・・”




う~ん。
フリーダムの花嫁強奪事件の後。おっとり刀で、漸くアスランの登場です。
ところが、スクランブルをかけられあまつさえ、プラントは敵国だと言われて驚くアスラン。
ちょっと状況知らなすぎです・・・。
カガリは首長達を抑えられなかったのか、と嘆く彼ですが。でもそれも仕方ないですよねぇ。むしろ、一人で彼らを抑えられると考えた事自体が、可笑しいのでは。まあ良いや。

ところでセイバーって、MA形態にもなれるんですよね。フリーダム以上の推進力はないでしょうが、ちょっと到着遅すぎるんじゃないでしょうか。
あ、ひょっとして核搭載型じゃないから、最寄のコロニーに補給に寄り道、寄り道してきたのかも。

でもだとすれば、コロニーでもオーブのニュースぐらいは流れるでしょうに・・・。
電波状況が悪いのかしら? まあ良いや。
ところでオーブのムラサメもMS形態になれるんですね。でも、前回同様やっぱり、ぼこぼこにやられてしまいました。さすがに不殺でしたけど。

さて、こっからが今回一番言いたい事です。
前回のキラも良かったのですが、今回のキラはもっと良かったです!!
言いたい事、言って貰いたい事全部言ってくれました。

潜水が可能になったAA。
どうやら前回から、ずっと海に沈んでいた様です。
国のため、と必死になって決断したにも関わらず、突然拉致されたことを怒るカガリ。

誰がそんなことを頼んだ、と虎さんやマリューさん。キラやラクスに詰め寄ります。
さすがの剣幕に、虎さんもたじたじ・・・。
けれどキラは

「仕方がないよ。こんな状況の中、カガリにまで馬鹿なことをされたら、世界はもっと可笑しくなってしまうし・・・」

とカガリに冷静に言います。
けれどカガリは自分の決断が馬鹿なこと、と言われもっと激昂してしまいました。

「馬鹿なことだと!! 私はオーブの代表なんだぞ、私だって必死で考えて、やっと出した決断なんだ。それが馬鹿なことだと!!」
「大西洋連邦との同盟や、セイランさんとの結婚が本当にオーブの為になると、カガリは考えているの」

ちょっと口ごもって
「あ、当たり前だ!! でなきゃ結婚なんてしない!! ・・・・・・今はウトナやユウナの言うとおり、国を再び焼かないために、仕方ないんだ!! これしか道が・・・」

ここでシンの回想が入るわけですが。
これって微妙ですよね。オーブが前回戦争を行なった事を怒っているのか、それとも今回同盟を行なった事に怒っているのか。多分両方なんでしょうけれど。

「・・・・・・じゃあ国が焼かれなければ、他の国はどうなっても良いの?」
「そっ、それは・・・」
「今は良くても、いずかオーブが他の国を焼くような事になったとしたら? 国を焼かないために、プラントを、他の国を焼いても良いっていうの?」
「それはっ!!」

キラの言葉に反論しようとするカガリ。

「ウズミさんの言った事は・・・?」
「っ!! でもっ・・・・・・!!」

言葉を紡げず、それでも尚反論しようとするカガリ。
実は私、この後の台詞が一番好きです。キラに絶対に言ってもらいたかった台詞。

「カガリが大変だったってことはわかってる。ごめんね、僕はなのに何もしてあげられなかった」

実際、カガリは必死で代表としての責任を果たそうとしていたんですよね。アスランがいたとはいえ、それはとてつもない重圧で。18の女の子に背負わせてしまってよいものではないはずのものだったのに。キラは、責めるのではなく、カガリの気持ちも解ってあげて。
そして何もしてこなかった自分を謝って。そして、これからは一人で背負わなくても良いから、と言ってあげた。

「けれど、まだ間に合うと思ったから」

そう言って、キラはアスランからの指輪をカガリに返します。

「皆そうだよ。道を間違えてしまったら、行きたい所にはいけない」

泣き出してしまったカガリにキラは

「だから、カガリも一緒に行こう。まだ何が正しいのかなんてわからない。でも、まだ間に合うから」
「キラっ・・・・・・」

とうとう号泣し始めてしまったカガリを優しく抱きしめながら

「今度こそ、僕達は正しい道を見つけなければいけないんだ。目をそらさずにね・・・」

そういったキラ。彼の後ろでは、ラクスが悲痛な表情でキラを見つめていました。
本当はキラは自分から戦いを望むような子ではないし、二年前の戦いで負った傷もまだ癒えてはいないんだと思います。
でも、逃げないで、キラは再び戦うことを選らんだ。

悲しいですね・・・・・・。





さて、変わって今度はミネルバサイド。
カーペンタリアで修理を行なっている間、ミネルバクルーは各々好きな事をして過ごしていました。
ヨウランとヴィーノは、今度こそ宇宙へ帰れるかな、と言い合い。メイリンとルナマリアは必要な備品を買い集め。レイは・・・って、ピアノ弾けたんだ・・・。まぁギルバートって結構ブルジョアっぽいし。レイにそれっくらいは仕込んでいるかも・・・。
でも、考えてみれば、この子たちも普通の10代の少年少女なんですよね。戦争なんてしているけれど、プラントには家族がいて、普通の生活を送っていたわけで。平和であれば、今頃学校にでも通っていたかもしれないのに。

あ、まてよ・・・。
13で成人だったよな、コーディネーターって。ということは、学校じゃなくて、働いていたってことか。まぁ、やってることは同じなんだろうけれど。とりあえず、兵士達も普通の人間なんだって、事を言いたかったんです。

ところで、メイリン・・・・・・。
あんた10代のくせに買いすぎ。そんなにつけなくても良いってば!! はっ、でもちゃんと洗顔と化粧水はつけておかないと、毛穴が・・・・・。


・・・・・・話元に戻します。
そして、すっかり影が薄かった主人公(一応)シン。
彼も買い物をしていたようですが、セイバーがミネルバへ向かっていくのを見て、慌ててミネルバへと向かいます。
ミネルバへと着艦するセイバー。そして、ちょうどそこに居たルナマリアやメイリン、整備員達が突然現れた新型機に驚く中、特務隊の制服を着たアスランがその前へと降り立ちました。

しかし、シンってルナたちの前だと喋りが子供っぽくなりますね。ちょっとやりすぎな感じがするのですが。
「ねぇねぇ・・・」、の台詞はさすがに16歳の少年とは思えなかった。

アスランがザフトへ復帰し、フェイスとして任命された事に驚くシン。
ただ彼としても心中は複雑なようですね。6、7話で結構懐いていたように見えたのですが。いきなり来て、それで自分達より上官です。と言われても受け入れるのは確かに難しいか。それでなくても、彼に対しては尊敬と敵意がごっちゃになっていた部分がありましたし。

何でいきなりザフトへ復帰したのか、と問いかけるシンにアスランは何も応えずにさって行きました。

それにしても、アスラン。
本当に何時からセイバーに乗ってたの?
カガリの結婚の事は仕方ないとしても、オーブがプラントと同盟を結んだ事を知らない、というのはちょっと・・・。
ルナマリアから、ミネルバが地球軍の待ち伏せにあって沈みそうになったこと。
カガリが結婚をした、ということを聞いて愕然とするアスラン。

ルナマリアって、カガリのことを少しは憧れていたんですね。まぁ、自分よりそう変わらない年齢で代表で。しかも前の戦争ではMSのパイロットで英雄と呼ばれていた人だったわけですから、それも解るけれど。
にしても、バカボン、よく知らない人間にまで「変なの」と言われてるよ。ヾ(≧д≦)ノ

滅茶苦茶な国、だといわれ始めたオーブ。
そりゃあそうですよね。中立を宣言していたのが、いきなり大西洋連邦と同盟を結んで、しかも腰ぎんちゃくのようなことを始めたんだから。
そしてカガリが行方不明だ、という事も聞いて更に愕然とするアスラン。

けれどタリアさんのところでは、更に愕然とする事実が待っていました。
ミネルバは修理が終わり次第、カーペンタリアから出て、ユーラシア連邦の中で起こっている内戦に干渉しろ、との議長よりのお達し。

大西洋連邦の腰ぎんちゃく、ととうとう本編でも言われてしまったユーラシア連邦。
様々な民族が住んでいる大きな国にはよくある事ですが、種の明けの砂漠のようなレジスタンス・・・、なのかな? まぁユーラシアの政策に反対した住民達が、独立を求めて反乱を起こしている真っ最中なんだそうです。

そりゃあねぇ・・・。
ユニウスセブンの復興からもまだ立ち直ってないってのに、いきなり戦争初めて。しかも徴兵だの、搾取だのされたら誰だってこんな国に従ってられるか、と思いますよ。
けれどそんな彼らを地球軍は武力で鎮圧することを決定。かなり悲惨な映像がアスランの前へと広げられます。

うう・・・・・・、これって現在のうちらの状況にも近いものがありますね。
種の時もそうだったけれど、日の出さん、某大国になんか恨みでもあるんでしょうか。まぁ、私も某大国がやったことが良かった、とは思えないけれど。

積極的自衛権の行使と、銘打っている以上プラントは内乱には干渉は出来ません。
そのはずなのに、そこへ行って戦闘を行なって来いという議長の考えがわからずに。けれど命令だから従わなければならない、とミネルバは翌朝、出立することが決まります。

「オーブ政府は隠したがっているみたいだけれど・・・。代表をさらったのはフリーダムとAAだそうよ」
「!!」
「何がどうなってるのか、こっちが聞きたいくらいよ」

タリアさんの台詞に、アスランはキラがカガリをさらった事に驚くものの、キラと一緒であればとりあえず彼女は安全だと安心するアスラン。
その頃、地球には何時の間に下りてきたのか。ネオの率いるファントム・ペインがミネルバへと向かっていた。

・・・・・・この話、シンステになる、というような話を聞いたけど。
うむむむむむむ・・・ステラが相手って大変だなぁ、と今回しみじみ思いました。
だってネオとは戦わなければいけないし、煩い小姑が2人もいるし。なによりもステラは戦闘以外はぼーっとしているし。
まぁ良いや。他人の恋愛は、傍観しても首を突っ込まないのが私の心情だし。

「漸く会えたな、子猫ちゃん」

ミネルバを補足して、ネオが呟いた台詞ですが・・・。
やっぱりあなた、鷹さん? クローンだって、性格まで同じになるとは思えませんし。
記憶を失っても、根本的な性格とか人格は変わらないんでしょうか。

来週は総集編、ということで、ミネルバとガーティ・ルーの戦闘は2月になるのだけれど・・・。
そういえば、MAバンバン出てるけど、ネオは今度は大気圏中では何で出るのかな?

何か2月からキラ達の出番が減りそうで、ちょっと凹み気味な私・・・。
ところで、今回レイがピアノを弾いているのを見て、死亡フラグが立ってしまったんじゃないかと不安になってしまったんですけれど・・・。

とりあえず来週はサイが出るそうなので。
そしてやっぱりキラには沢山出て欲しいなぁ、と思いつつ。
今回の感想は終わりです。







これまでの感想はこちらから
↓↓↓
http://www.enpitu.ne.jp/usr2/27383/

こちらには、OPとEDの感想も載せるつもりです。





人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-22 23:12 | アニメ
ゼノサーガももう3話目ですか。
ただ、気になるのは、これが全何話なのか、ということ。
タイトルの所に、ゾハルが書かれているんだけれど、全部書かれている模様が違う。

ωとか、Ψとか。今回はπみたいなのでしたっけ。
でも、これってオリジナルを入れても全部で確か14基でしたよね。
ということは、全14話ということなのかな? まぁ深夜番組だからそれっくらい? もの凄いスピードで進んでるし・・・。私としては、エピ2までやってもらいたいんだけどねぇ・・・。


さて、本編です。
第二ミルチアへ行くために、エルザを乗っ取ったKOS-MOS。
シオン達をどうやって、エルザに入れるのかなぁと思っていたら(原作だと、シオンが自分の命を盾にとって無理やり乗艦する)、酸素切れでしたか。
アレン君の「誰か助けてくださ~い!!」、は久しぶりに聞いたけれど。情けなさっぷりは相変わらずですね。

放っておくことも出来ないので、シオンとアレン、そしてバージルもエルザへ乗艦。
ところが、そこにはU-TIC機関から逃れてきたモモとジギーが。一刻も早く第二ミルチアへと向かわなければならない、とあせるジギー。
ならば自分がその障害を排除する、とKOS-MOSにいきなり襲い掛かりました。

う~ん・・・。
こういう展開もありか。
ただ、どうしてジギーとモモがエルザに乗艦していたのか謎。ゲームだとU-TIC機関の追手に追われていたのを助けられた、という設定だったけれど。
一応、政府に雇われているジギーなので、戦闘機でもなんでも借りれば良かったのに。ろくに装備もついていない貨客船にモモを乗せるかなぁ、と疑問も残るのですが。まぁ、深く考えないことにしよう。

さて、そんな事を考えているうちに、格納庫ではアンドロイドVSサイボーグの戦闘が始まっていました。

ジギー:「相手にとって不足はない」
KOS-MOS:「敵戦力、サイボーグと確認。これより排除します」

お~い・・・。
そりゃあこの二人の戦闘って見てみたいなぁとは思っていたのですが。まさかこんな形で実現するとは思ってもみませんでした。
でも、やっぱり色々な兵装を持っているKOS-MOSの方が有利だったみたいです。
ジギーを追い詰め、Rブレードで止めをさそうとするKOS-MOSの前に、モモが。

モモ:「ジギー!!」
ジギー:「退くんだ、モモ!!」
KOS-MOS:無言のまま、モモごとジギーを貫こうと突進する。

シオン:「KOS-MOS!!」

戦闘を始めたKOS-MOSを止めようと、シオンがハッチを開放しようとする。

アレン:「主任、まだ真空に近いんですよっ!!」
シオン:「直ぐに減圧されるわよっ!!」
アレン:「直ぐになら、もう少し待ってくださいよ!!」
バージル:「おいっ、まだ早いぞっ!!」

二人が止めるのも聞かず、ハッチを開放し、外へと飛び出すシオン。

シオン:「KOS-MOSっ!!」

モモを庇い、ブレードの前に飛び出すシオン。

KOS-MOS:「退いてください、シオン」
シオン:「これ以上の勝手な戦闘行為は許さないわ、KOS-MOS」

とまぁこんな具合に、何とか自体は収束。
その後、目的地が同じだということが解り、二組はブリッジへ。


船長とバージルのやり取りが何となく可愛かったです。
現軍人と、元軍人。
やっぱり何か通じあうことがあったんでしょうね。
そして、エルザといえば外せない、カレーイベント。料金をまけておくから、と頼まれたことは

シオン:「それにしても、いきなり飯作ってくれ。ですもんね」
モモ:(じゃがいもの皮をむきながら)「モモもこの船に乗ったとき、言われたんですよ。今までは当番制だったそうですけれど、誰が作っても喧嘩になっていたんですって」
シオン:「それって、料理を取り合って・・・。じゃないわよね」
モモ:「多分」

台に乗りながら、料理をするモモが可愛かったです。
けれど、モモの姿にヴォークリンデでであった百式(キルシュヴァッサー)の事を思い出すシオンは少し悲しげな表情を浮かべていました。

丁度その頃、U-TIC機関の基地では帰還したアルベドがマーグリスと会見を行なっている最中でした。
E.Sシメオンまで出したというのに、ゾハルを持ち帰らなかったアルベドへ不満を漏らすまーグリス。けれど、アルベドは逆にモモを奪われれしまったことをあざけります。
そして、ここにモモがいたことを知り、驚くキルシュヴァッサー。

作られた順番的にいくと

キルシュヴァッサー → モモ → 百式レアリエン

なわけですから。キルシュヴァッサーはモモの姉ということになりますね。
取り返してきてやろうか、というアルベドへ既に手を打ってあると返すマーグリス。

アルベド:「プロトタイプがいないと聞いて、ほっとしたか。お前が外で生きていくためには、百式の振りをしなければならなかったということか」
キルシュ:「・・・・・・」
アルベド:「所詮偽りで塗り固めなければ、その存在すらも認められない。そうだろう、偽りのキルシュヴァッサー」

う~ん・・・。
キルシュヴァッサーをヨアキム・ミズラヒがどんな目的で作ったのか、よく私知らないんですよ。モモは、サクラの治療のため。というのが解っているんですが・・・?
キルシュは、モモを作るために作られた。みたいな台詞が本編にはあったので、

「パパは貴方の事だけを見ていた・・・」

というような。
でも、モモからみれば、モモもサクラの身代わりとして作られたわけですからあんまり変わらないと思うんですが。いかん、難しすぎて頭回らなくなってきた。
とりあえず、アルベドとキルシュの関係は難しいぞ、ということで。

そして再びエルザへ戻って。
カレーが出来て、食卓の準備をしているシオンやモモ。
モモがU-TIC機関に捕らえられていたことや、U-TIC機関が復活の兆しを見せ始めていることを聞き驚いていた所へ、再び追っ手が。

所属不明艦にいきなり攻撃を受けるエルザ。
バージルは、何とか反撃しようと格納庫へ。

見た事の無い艦に、驚くシオンへ、ケイオスはその艦がU-TIC機関の艦であること。
そして何度かやりあったことのある相手だ、と伝えるところで3話は終わるわけですが・・・。

うむむむむむ・・・。
今回の話は純粋に楽しめました。
ちょっとケイオスの髪型が気になったぐらいで。
だって、後ろで結んでいるのか、と思えるぐらい分かれてるんだもん!!

来週はデュランダル登場。
気になるのはシェリィとメリィの声なのですが。だって、ヴィルヘルムですら、声違ってたもんなぁ。

あとタイトル
「死地」・・・? 
って、誰の?

とりあえず、来週を待て!!



あ、来週面接がてんこもりだ・・・。





人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-22 16:51 | アニメ
先日、ボビィブラウンから春の新商品発売のお知らせが届きました。
シマーブリックの発売は、yahooで知っていたから買ってみようかなぁと思っていたのですが・・・。

友人と駅弁フェアを見に、某デパートへ行った時。
カウンターで

これを

発見してしまい、一目ぼれのまま駅弁そっちのけで予約してしまいました。
・・・シマーブリックは何処へ行った・・・。

明るい色とかも綺麗だけれど、こういった茶色も上手く使えれば上品な女性に見えるんじゃやないかなぁと考えています。
でも、ちょっと色が濃いかな、というのが心配な所。以前発売された、ヌードオンヌードと同じシリーズなんだけれど、それよりちょっと濃い目な感じですね。

ああ、それにしても、シマーブリックどうしよう・・・。
ローズ・・・あんまり赤系は使わないんだよなぁ。ベージュだったら迷わず買ってるのに。




人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-22 16:06 | コスメ
リクナビからエントリーした会社から返信メールが来たんだけど。
面接希望日を書いて、返信したら2日経っても返事が来ない・・・。

もしかしてこのまま、お流れとか・・・。

いやだ~~~っ!!
それだけは嫌だ!!
頼む、返事よ来てくれ!!
それから合格の通知も来てくれ!!

漸くやりたいこと決まったのに~~~(遅っ・・・)!!
とりあえず明日と明後日は、また履歴書書きです。





怨念・・・じゃなくて気持ちを込めてしっかりと書きます!!



人気blogランキングへ
[PR]
by tatsuyan1978 | 2005-01-21 22:48 | 日記