沖縄行きたい、海に行きたい―――な管理人に一票!! なんちゃって。


by tatsuyan1978
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

三連休二日目

三連休なのに、家でぼーっとするのも何かなぁ・・・と思って。
丁度、ボーデドコーセーから限定色のお知らせメールが来てたので、それを見に伊勢丹新宿へ。
それから、前々から観たかった映画【サイレントヒル】を観てきました。


ここから感想です(一応ネタばれ考慮してます(^_^;))

全体的な感想としては、★三つってとこかな。
OPにゲームの音楽そのままが流れて、ちょっとおおっ、と思っていたら最初のシーンが来たところでちょっとドキッと。でも、何処に家を建てればあんな場所に行き着くんだろう・・・。アメリカって広いね。

シャロン(娘)が最初に観たシーンはちょっとドキッとした。
前触れなしは、やっぱり心臓に悪いわ。
ローズ(母親)の演技が凄かった。親子の血のつながりが無くても、やっぱり母親になるって決めたら、ちゃんと母親になれるんだね。

夢遊病の娘を心配して、全ての原因になった街【サイレントヒル】へ向かうローズとシャロン。
心配するあまり、やっぱり少し過剰になっていたんだろうな。あそこで巡査(名前忘れた)に呼び止められて、思わず車をすっ飛ばして逃げたのにはびっくり。
結局、事故を起こして気を失ってしまうんだけど、その間にシャロンはいなくなっちゃって、ローズも娘を探してゴーストタウンとなった街をさ迷う。

映画館は迫力あるけど、やっぱり音が煩い。
特にホラーやアクションは音が効果の一部になっている分、その傾向が強い。今回も、サイレンのようなものが鳴って、街が切り替わるっていうような趣向だったから、音が煩くて。
でも街の雰囲気とか、白い雪のように舞っているものが実は灰だったとかそういう趣向はすっごい良かったですね。

そういえばクリス(父親)はずっと蚊帳の外だったな。
娘と妻を捜してサイレントヒルへ向かうのは良いんだけど、どうもローズたちがいる街とクリスがいる街は同じ町なんだけど違うみたいで。
同じ場所に同じ時に居ても、見つからないってところが結構切なくてはらはらした。

モンスターとかはゲームを忠実に再現してましたね。
格闘のシーンとかは【バイオハザード】みたいな迫力は無かったけど、派手さが無い分見ごたえもあった。
怖さ的には、どきっとしたシーンもあったけど、今回は怖いというよりも物悲しさと理不尽さへの怒りの方が強かったかも。あと怖いと感じるのであれば、やっぱり人の心が一番怖いと思った。今やっているゲームも宗教色が強いんだけど、その中に

【強すぎる思いは、真実から目をそらさせてしまう】

っていう台詞があって、この映画の中にもそれとつながるシーンが多くあったから、やっぱり何かを妄信するって怖い事なんだなぁ・・って。
ちょっと終わり方が曖昧だったから、またDVDで見直すってのもちょっと考えないわけではないけど。

実は、予告で観た【パイレーツオブカリビアン】が今はすっごく観たいなぁ・・・なんて思ってるから(またかよ・・・)、明日はTSUTAYAに行っちゃうかも。うん、でもホラーと原作が好きな人は見にっても損は無いと思う。

映画館だって満席だったしね。
[PR]
by tatsuyan1978 | 2006-07-16 21:19 | 日記