沖縄行きたい、海に行きたい―――な管理人に一票!! なんちゃって。


by tatsuyan1978
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ダヴィンチ・コード観て来ました

今日は午前中から健康診断だったので、お休みを貰いぷらぷらと。
あいにくの雨でしたが、まぁ何処かへ遊びに行くってわけでもなかったし。雨のせいで車とか滅茶苦茶遅れたけど、最終日だったから病院もそんなにまたされなかったし。

で、午後は前々から観たかった『ダヴィンチ・コード』を観て来ました。
原作を一気に読破した者としては、文字では咄嗟に頭に浮かばないシーンとかが映像になってくれたら凄く嬉しいな、と結構期待してたんです。

公開日から一月はたってるし、色々人の話とか聞こえてきたけど。先入観は入れないで、素直に観ようと思ってました。感じ方は様々だしね。

でも、観終わってみると・・・私的にはこれはちょっとなぁ・・・という感じ。
原作の雰囲気を壊さずにしてもらいたい、と思っていた最低限の願いも砕かれました・・・かな?
う~ん・・・私は滅多に映画館まで観にいくって事はしないんですが、それは音の調節が出来ないからって事が一番の理由なんですが。

大画面で大音量。
迫力があって良いって言う人もいるけれど、時間が経つと段々耳が慣れていって、次第に音が煩くなっちゃう。
大画面は好きですよ、ほんと!
でも、それを押しても観たかった映画なのに・・・。

以下、ネタばれが入りますので、知りたくない方は進まないで下さい<(_ _)>






やっぱり原作そのままでやるって事は出来ないだろうなぁって考えていたけれど、謎解きよりアクションシーンの方に力を入れていたみたいな映像表現にはがっかり。
あんまり考えずに、あっさり謎解きも終わってしまいましたし。

あと人物描写も甘かった。
ラングトンとソフィーはまだしも、ティービンクとかシラスは何であんなに必死になってるんだろう、とか全然理解できなかったし。アリンガローサ司教も原作で見せてくれた思いやり、みたいな表現がカットされてたし。道士に騙されて、シラスが死んだって後悔していたように見えたけど、次のシーンでは『人は神の道具だ』とかって開き直ってるし・・・。
ファーシュ警部なんて、完全に道下じゃないですか。シラスへのフォローも全くなし。ただの人殺し、で終わってしまってる。

銀行でのシーンは、原作だと支配人が殺されたソニエールの古い友人で、逃亡に手助けをしてくれるみたいな描写があったけど、今回は完全に敵方? ってか、あの人も教会関係者だったんでしょうか? 何か『20年も待たせて・・・』云々というあの台詞理解できないんですけれど・・・。

映像的には、とても綺麗だったのですが。
やっぱり話を凝縮しすぎようとして、色々無理な設定重ねてたって気もぬぐえなかった。

遺骨を捜して、最終的にロスリン礼拝堂へ行くってのは原作と同じだけど。
秘密の地下室にあった、っていう設定もちょっとね。あんなに簡単に入れて良いものかなぁ・・・2000年以上秘密を守り通していたんでしょ。簡単すぎない?

シラスが教会で、遺骨を探すシーンも幾ら人払いをしてもあんなに派手な音を立ててたら、シスターじゃなくっても怪しまれるって。

えっと・・・・・ってか、もうどんなシーンがあったかって、ってかストーリーに関係するシーンがもう殆ど記憶にありません。教会の映像とか、ニュートンのお葬式のシーンとかはすっごく頭に残ってるのになぁ・・・。

予断ですが、予告編で流れていた『ゲド戦記』の映像がすっごく良かった。
歌も早速CD予約しちゃいましたよ。
『U-DON』も観たいし、あと『ミッションインポシブル3』とタイトル忘れたけど、『9.11』のテロを題材にした映画の予告編があったから、それも観たいなぁ・・・って、予告編の方しか強く覚えてない映画って・・・どうよ、これ。

原作は大好きですよ、本当!

ただ、散々辛口な感想書いといてなんだけど。
ラングトンが本当にラストのシーンで、『神』の事を表現した台詞があったのですが、それは結構良いな、と思えました。

ってか、それだけなんですが・・・・。
ゴメン。

c0011148_21224877.jpg

[PR]
by tatsuyan1978 | 2006-06-16 18:48 | 日記